富士吉田うどんツーリング−2007年11月21日(水)
※サムネイル画像をクリックすると大きな画像が開きます。

当初の予定では北方面に行くつもりでしたが、雪が積もってるという情報なので急きょ南方面に変更しました。以前から富士吉田のうどんは食べてみたいと思ってたので、ちょっと楽しみです。

[ルート]
秩父→牧丘→御坂→河口湖→富士吉田→河口湖→西湖→精進湖→精進ブルーライン→甲府→三富→秩父

[参加者]
呉服屋さん@TDM、すし屋さん@ハーレー、nori@XJR

07:20 自宅を出発 (0km)
寒いです!
集合場所の道の駅大滝温泉へ向かう途中、「金蔵落しの渓流」でちょっと撮影したりして…。

08:24 道の駅大滝温泉 (12km)
一番乗りはすし屋さん。金蔵落しで撮影中に通り過ぎて行ったハーレーは、やっぱりすし屋さんだったのね。


雁坂トンネルを抜ける頃には青空が広がっています。

9:15 道の駅まきおか前のコンビニ (54km)
呉服屋さんとすし屋さんの二人は朝めしを食べてないので、コンビニに立ち寄る。
すし屋さんの冬用グローブはなんだかイマイチだそうで、ここのコンビニで見つけた“バイク用”グローブがなんだか良さそうだというので、買ってみることにました。ホントに大丈夫なのか?以前のツーリングで買った、100円ショップのカッパの二の舞では…(笑
 

道の駅まきおかを出発して、塩山を通って御坂峠を目指します。いつもながら快適な御坂バイパス。
  

今日は御坂の旧道を通ってみました。林道のような道を想像してたんだけど、思いの外キレイな道ですね。
  
10:30 御坂峠の天下茶屋 (90km)
御坂隧道を抜けると、天下茶屋から見る富士山の絶景が広がっていました。
 

わざわざ旧道を通ってきた甲斐がありましたね。晴天だし、平日だというのに観光客も多かったです。
 
11:27 富士吉田『白須うどん』 (110km)
河口湖を通って富士吉田の入りました。
バイパスの通り沿いに、富士吉田うどんのお店『白須うどん』があります。店の看板も出てないし、呉服屋さんが先導してくれなかったら全然わからないようなトコにあります。
呉服屋さん曰く、「富士吉田のうどんを食べるんだったら、まずここから始めなさい」とのことです(笑
 

すし屋さん、誰か知り合いとでも話してるのかと思ったら、どこかのおばちゃんでした。
民家の玄関を入ると、そこには茶の間でうどんをすすってる人たちが…(笑
 

うどんは厨房からセルフサービスで運んできます。
載ってる具は茹でたキャベツとニンジンのみ。テーブルにおいてある“辛いやつ”をかけて、各自で辛味を調整します。
おみやげ用に100円で販売してるので、一つ買ってきました。かな〜り辛いです。
肝心のうどんですが、噂どおりのコシが強くて硬い麺ですね。つゆはとてもあっさりしてます。“辛いやつ”で調整すると美味しいですね。
なんだか物足りない感はありますが、しばらくするとまた食べたくなるようなうどんでした。
 

民家の茶の間そのまんまですね。11時半の開店時ですが、皆さんそそくさとせわしなく食べてます。
入れ替わり立ち代りなので、ゆっくり食べるという場所ではありません。富士吉田でうどんを食べるというのは、こういうものなんでしょう。
  
11:58 富士吉田『羅王』
二軒目は市役所前にある『羅王』です。ダーさんが食べて美味しそうだったので入ってみました。このお店、昼間はうどん屋、夜は焼肉屋さんです。
 

肉天うどんを注文。野菜と桜えびのかき揚げ、油揚げ、馬肉を煮付けたものが載っています。なかなか美味しかったですよ。
でも、具はたくさん載ってますが、やはり「白須うどん」の方がインパクトはありましたね。
  
13:15 河口湖もみじ回廊 (125km)
河口湖に戻って、もみじ回廊を見てみました。


もみじは半分くらいしか色づいてませんでした。
  
13:40 河口湖もみじ並木
もみじ並木からみる富士山の写真が撮りたかったので立ち寄ってみました。イマイチ上手く撮れないなぁ…。
  

西湖を通って精進湖をまわって、精進ブルーラインで甲府方面に向かいます。


ゆっくり走るクルマの後に付いちゃったので、ちょっとイマイチでしたね。
 
14:50 中道のコンビニ (161km)
いつもは行きに立ち寄るコンビニですが、今日は帰りに利用させてもらいました。
すし屋さんが買ったグローブですが、なかなか具合がいいとのこと。いい買い物でしたね。
 
15:54 道の駅みとみ (202km)
こんな明るい時間にここに立ち寄るなんて珍しいです。だいたい、ここに立ち寄るときには真っ暗になってて、いつも閉店後の時間です。


  

雁坂トンネルを通過するのも、まだまだ明るい時間でした。

16:55 自宅に到着 (241km)
ほぼ予定通りの時間で帰ってきました。
まわりが薄明るい時間で帰って来るなんて珍しい…。


Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved