由比桜えびかき揚げツーリング−2006年05月17日(水)


“ワールドさん”より、今回は日光方面に行こうか…という提案が出されました。でも個人的には、日光は去年の秋に行ったばっかりだしなあ…ということで、以前から私が計画していた「静岡県の由比町へ桜えびのかき揚げを食べに行こう!&さった峠の絶景を見よう!」っていうのを逆提案させていただくことにしたのであります。
「それは確かに旨そうだ!」ということで、「由比桜えびかき揚げツーリング」に決定したわけですが…。しかし、天気予報では午後からの降水確率がかなり高そうだから、雨の中を走る対策をしなくちゃ…っていうのがちょっと難点。さらにそれ以上の難点があったりして…。
そもそも「桜えびのかき揚げ」を食べるのが今回のメインテーマなのに、なんとエビやカニを食べるとじんましんが出ちゃうという甲殻アレルギー(?)を抱えているメンバーが約1名いるっていうじゃないですか!(笑
まあそれはそれで、食事は別メニューにするっていうことで、ツーリングは決行されるのでありました。
参加メンバーは、
黒猫さん@CB、ヤマメさん@スティード、ヨツさん@モトグッツィ、ワールドさん@TDM、すし屋さん@ハーレー、nori@XJR の6名です。




8:15 道の駅ちちぶを出発

都合により、私はルートの途中から合流しました。




8:30 私の自宅前を出発 (0km)

う〜ん、どんよりとした曇り空です。






9:10 道の駅みとみ (39km)

雁坂が結構寒かったけど、そこそこのお天気でした。
 




9:30 道の駅みとみを出発

広瀬ダムからは富士山も見えていました。
山梨市の万力公園を過ぎて左折、笛吹川の堤防沿いを走ります。最近よく使っているのですが、国道140号を走るよりも信号が少なくて快適なんですよね。




10:20 甲府南インター近く、中道のセブンイレブン (80km)

精進ブルーライン、右左口の手前にあるセブンイレブンは、本栖湖方面に出かけるときによく立ち寄るスポットです。
すぐそばのGSで“ワールドさん”がTDMに給油したら、なんと129円/L(レギュラー)でした。
山梨は大抵ガソリンが高いんだけど、なぜだかこのあたりは安いんだなぁ…。





10:45 中道のセブンイレブンを出発

精進ブルーラインで精進湖まで出て、朝霧高原を目指します。このルートは、なかなか快適に走れるコースですね。
朝霧高原の手前あたりで、雨がポツポツと降ってきました。




11:20 道の駅朝霧高原 (108km)

晴れていればすぐそばに富士山が見えるはずなのに、残念ながら今日はまったく見えません。
富士山が見えないと、やっぱり損した気分になりますよね。
高校生の団体がいたりして、なんだか道の駅が賑やかな感じでした。
以前、家族で白糸の滝へドライブに来たとき、ここのソフトクリームを食べて美味しかったのを思い出しましたが、今日の天気だと、とてもそんな気分になれませんね。
雨がポツポツしてきたので、カッパを着用するかどうか迷うところでした。





11:35 道の駅朝霧高原を出発

出発するとすぐに雨の降り方が強くなってきました。走行中だと降り方が強く感じるためでしょう。
「もちや」あたりでカッパを着ようかな…と思ったんだけど、「まだまだなんとかなるかなぁ…」って、先を急いじゃいました。




12:15 富士宮市内の某スーパー (135km)

富士宮市内で、ちょっと道に迷ってしまいました(笑
国道139号線から由比方面に向かう県道76号線に曲がるのですが、交差点を見落としちゃったんですよね。
ちょっとウロウロしているうち(別に女子高生に見とれていたわけじゃありませんが…爆)に、雨が強くなってきたので、通り道にあったスーパーの駐車場で急きょカッパを着ることにしました。
そこにはたまたま100円ショップがあったので、カッパを持っていなかった“すし屋さん”がこの店でカッパを調達してきたのです。
ごらんの通りのビニール合羽で、上下別々で合計210円だったそうです。
ビニール合羽がハーレーに似合うかどうかはともかく、それでバイクに乗って風圧に耐えられるのか…?
なんだか袖が短すぎるぞ!(笑
 




12:30 富士宮の某スーパーを出発

県道76号は富士宮から由比に抜ける近道なのですが、途中は林道のような細い山道でした。
工事中の場所があったりしたのですが、アメリカンなバイクの人にはあんまり楽しくないルートですね。
私はあんまり苦になりませんが…。




12:55 ゆい桜えび館 (154km)

由比町に入ったら、雨はほとんど降っていませんでした。
この場所がわからなくて、この手前でちょっとウロウロしちゃいましたが、なんとか「ゆい桜えび館」に到着です。
団体さんの食事もできる、お土産物の直売所でした。


駐車場でカッパを脱いでいると、桜えびを揚げるいい匂いが…。
でも、“ヤマメさん”は大丈夫なのかな?匂いだけじゃアレルギー症状は出ないか…(笑
 

さっそく「桜えび茶屋」で昼食です。
ご覧の通り、メニューは桜えびづくしでした。客席は30席くらいの、直売所に併設された小さな食堂です。
カウンターに陣取ったお客さんは、なんだか哀愁を帯びたおっさんライダーたち…(笑
 

さて、最初に出てきたのは“ヤマメさん”が注文した「まぐろ山かけとそばのセット」。
甲殻アレルギーじゃ、このメニューは仕方ないですね。
次に“黒猫さん”の「かき揚げどんぶりとうどんのセット」。桜えびのかきあげは一枚ですが、バランスはよさそうです。
毎度のことですが、他人が食べてるものが旨そうに見えるのはなぜ?
 

そして、本日のメインである「桜えびのかき揚げどんぶり」。なんと、桜えびのかき揚げが2枚も乗ってます!
どんぶりからはみ出すような大きさの「桜えびのかき揚げ」がステキですねぇ(笑
 

Click to Large Size.

う〜ん、サクサクしてて美味しいです!!
ホントに大満足でした。甲殻アレルギーの“ヤマメさん”には申し訳ないけど、はるばる静岡までやって来た甲斐があったというものです。
お土産に干した桜えびでも買って帰ろうと思ったのですが、お値段が高い…。
結局、リーズナブルな価格の「桜えびせんべい」を買いました。でも、これもなかなか美味しかったですよ。


Click to Large Size.




14:10 ゆい桜えび館を出発

どうせガソリンを入れなくちゃだから…ということで、店の前にあったGSでガソリンを給油しました。
ここはレギュラーが134円/Lです。




14:30 さった峠遊歩道入口の駐車場 (160km)

ここに来る道の入口を見失いました!細い道だったから、わからなかったんです…(笑
それにしても、さった峠までは細い山道でした。これが元々の東海道だったんでしょうけどね。
さった峠は、歌川広重が描いた東海道五十三次の浮世絵で有名な場所。由比町には「東海道広重美術館」もあります。
その浮世絵と同じ構図が、今でもこのさった峠で見られるという訳なんですね。
まあ、これが今日のハイライトだったわけですが…。残念ながら、お天気にはかないません。
 

晴れていればこんな風に富士山が見えるはずなのですが、今日の天気じゃ富士山はまったく見えませんでした。
この駐車場すぐ下が東名高速道路と国道1号線が交差する場所で、この景色を撮影した写真は有名なので良く見かけますよね。
いつかまた晴れの日にリベンジしたいと思います。
 

Click to Large Size.

由比は夏みかんの産地ということで、さった峠の周辺には夏みかんの木が多かったです。
駐車場脇にあった無人販売所で、“ワールドさん”たちが夏みかんを買っていました。はたして甘かったのかな?
私は、タンクバッグにはすでに荷物が入らない状態だったで、残念ながら夏みかんはあきらめました。





14:35 さった峠を出発

“黒猫さん”は所用のため早く帰らないといけないということで、ここで別行動になりました。
残りのメンバーはさった峠から山道を下って興津に出て、国道52号線の富士川街道を北上します。
駐車場から出るところがものすごい急坂で、アメリカンなバイクの二人は大変だった模様ですが…。
ここから先はずっと雨でしたが、このルートは道が広くて走りやすかったですねぇ。
もっとも、トラック輸送の幹線ルートになってるようなので、平日だったから大型車両が多かったです。




15:20 道の駅とみざわ (189km)

山梨県南部町です。
ここはたけのこの産地なのかな?駐車場の入口に巨大な“たけのこタワー”が立っていました。
直売所で「焼き梅干」なんてものが売ってたりしましたが、あれは美味しいのか!?
 

それにしても“すし屋さん”のビニール合羽ですが、裾がボロボロな状態です(笑
アメリカンなバイクだと足を前に投げ出すポジションだから、余計に風圧がかかるんでしょう。
合羽の上半分は、すでに由比に着いた時点でゴミと化して見捨てられていましたが…(爆





15:40 道の駅とみざわを出発

引き続き国道52号線を北上、鰍沢の手前にある峡南橋で県道9号線に入り、市川大門を抜けて豊富村を目指します。
なぜか身延町のあたりは雨が降っていませんでしたが、市川大門のあたりまで来ると、またまた強い雨になりました。




16:50 道の駅とよとみ (240km)

この手前あたりから、ものすごい降り方になってきました。
“ワールドさん”の防水ジャケットとブーツも浸水してきた模様で、ここでカッパの上下に着替えていました。


この道の駅には、なぜかツバメの巣があちこちにありました。
“すし屋さん”の合羽は、もうズタボロの状態ですね。はたして役に立ってるのでしょうか?(笑
 




17:20 道の駅とよとみを出発

雨が降る中、石和の手前あたりでちょっとウロウロ…。夕方だったから、市街地はけっこう混んでいました。




18:30 道の駅まきおか (270km)

本日最後の休憩。かなり寒くなってきたし、すでに薄暗くなってます。
 




18:40 道の駅まきおかを出発

革のグローブが浸水してるので、ムチャクチャ手が冷たいです。
雁坂トンネルの手前は気温9度でした。
トンネルを抜けるともう真っ暗なので、雨中の山道走行はコワイものがあります。対向車のヘッドライトがヘルメットのシールドを直撃すると、キラキラしてコワイし…。
先導の“ヤマメさん”、お疲れさまでした。




19:40 自宅に無事到着 (323km)

他のメンバーは、そのまま秩父市内まで帰り、「反省会」という名の下山祝いが開かれたようで…。
皆さん、さぞかし深〜く深〜く反省されたことでしょう(笑

今日の走行距離は300kmを超えました。
帰りはずっと雨の中の走行だったから、腕に力が入ってガチガチになっちゃいましたよ。
ライディングシューズを脱いでみたら、靴下が濡れてました。気が付かなかった…。




<<本日の御教訓>>
1.お土産を買って帰るのには、パニアケースかシートバッグが必要
2.アメリカンだと重心が後ろだから、急坂を登るのが怖い
3.防水ジャケット、防水シューズといえども、あっけなく浸水する
4.100円ショップのビニール合羽は使い物にならない(笑



Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved