赤城山ツーリング−2005年06月28日(火)


赤城山のレンゲツツジがキレイだということで、バイクで出かけてみました。
本日の参加者は、同僚のYさんと私の約2名。




私がルートプランニングをする場合、当然のように下道ルートを使います(笑
今日は、秩父→鬼石→高崎→渋川→空っ風街道→赤城道路→大沼→大胡赤城線→前橋→高崎→鬼石→秩父、というルートです。

なんで渋川までまわったかというと、空っ風街道(赤城南麓広域農道)を走ってみたかったなんですが…。
ものの見事にやられました!何でかというと…、臭いんです!
「農道」というくらいだから、あの辺は牧場や農場ばかり。当然、堆肥が撒かれているわけで、その匂いたるや、ものすごいものがあります。
アレはキツイですよ。クルマならならともかく、バイクはダイレクトに来ますから…。
赤城山の中腹を走っているので景色はいいし、信号もないから走りやすいんですけど、やっぱりあの匂いは恐ろしい…。




赤城といえば、ワタシ的には「ミステリースポット“奇妙な坂道”」というわけで、今日も立ち寄ってみました。
一見、上り坂に見えるけど実は下り坂、下り坂に見えるけど実は上り坂っていうアレです。
[参考URL]
http://www.ne.jp/asahi/yamadon/drive/t17/t17g/t17gah10.htm

なんでこういう風に見えるのか(要は目の錯覚なのです)は頭では判っていても、実際に目の当たりにするとやっぱり不思議ですね。
なかなかに感動もんです!
下り坂に見えるけど、実は上り坂。上り坂に見えるけど、実は下り坂。ここは赤城山の中腹ならではの場所です。
  




県道4号赤城道路は、走り屋さん対策のため、カーブ手前に波打った舗装がしてあります。
そのため、バイクだとちょっと走りづらいところもありますが、それでもやはり楽しいルートですね。
しかし、お目当てだった「白樺牧場」のレンゲツツジは、すでに終わっていました。1週間以上遅かった感じです。残念!
 




ここから走り出そうとしたら、突然、雨が降り始めました。山の天気は変わりやすい…。
でも大したことはなさそうなので、大沼まで行って昼飯を食べることにしました。
ちょっと寂れた感じも漂う湖畔の風景は、なんだか30年以上まえにタイムスリップしたような雰囲気…(笑
涼しかった(20℃くらい)ので、モツ煮込み定食を食べながら、約2名でしばらくくつろいでしまいました。





せっかく来たのだからと大沼の「赤城神社」を参拝して、お守りをいただいてきました。
Yさんが見つけた、ランドセル型の学業成就と交通安全のお守りが秀逸ですねぇ!スバラシイです。
ウチの坊ちゃん嬢ちゃんのために、ひとつずつ買ってしまいました。1個800円!
大沼の鯉が、なんだかものスゴイ勢いでエサを食べていました。
  




赤城山を下るのには、県道16号大胡赤城線を使いました。
このルートは、道幅が狭くて走るのも大変ですが、関東平野の眺望は最高ですね。。





下界に降りたら、やっぱり暑かった(30℃以上)です。
帰りに赤城山の中腹にある「富士見温泉見晴らしの湯」で、温泉に入ってきました。
前橋市街が一望できる温泉で、なかなか気持ちよかったです。すっかりくつろいでしまった…。





ここから帰るときに雨が本格的に降り始め、秩父に帰るまで、ずう〜っと降られ続けました。
雨とともに秩父までやって来た感もありますが…、やっぱり雨中の走行は楽しくありません!
私はカッパを着ましたが、でもゴアテックスのライディングシューズは浸水…。この靴もそろそろ限界だな。

本日の走行距離は、約230kmでした。


Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved