映画『いま、会いにゆきます』ロケ地探訪ツーリング−2004年11月25日(木)


8時半に自宅を出発、志賀坂峠を越えて上野村に向かう。土砂崩れ現場はしっかり修復されていました。スゴイもんだ。




八丁峠の林道は、鉱山と出合トンネルの間で時間帯通行止め工事が始まったようだ。
この時期にこんなトコを通るなんて物好きなヤツには、ちょっと残念だろう…。




塩ノ沢峠との分岐地点。国道299号線の十石峠区間はココだけ工事中でした。
短い交互通行ですぐに通れます。




しばらく通行止めだったが、解除されてご覧のようにきれいに舗装されています。
15年くらい前に通ったときは、国道のくせに未舗装の林道状態だったが…。




十石峠の頂上。ムチャクチャ寒かった…。さすがに展望台に登ろうとも思わなかった。
向こう側のCBR600Rは東京から来た人で、ここでしばらく話をする。
中里の恐竜館前で見かけたのだが、どうもそうかなぁ…って思ってたら、やっぱりこのルートを通っていたな。
CBRは、ポジションはキツイが結構乗りやすく、わりと燃費も良いらしい。
佐久から松本方面を目指すと言っていました。




佐久町で国道141号線を小海方面に向かい、小海町の東馬流にある「秩父事件戦死者の墓」に立ち寄る。
おととい『草の乱』を観たばっかりだったので、秩父から十石峠を越えてこんな所まで来て戦死した人のことを思ったら、
ちょっと感慨深かった。
花が供えられ、休憩所まで設けられてきれいに整備されていました。




野辺山を通ったら、道路の温度計が6度でした。さすがに鉄道最高地点の高原、このあたりもヒジョーに寒い・・・。




清里高原有料道路で八ヶ岳をバックにして…。




本日の目的地、『いま、会いにゆきます』のロケ地その1。
泉ライン、小海線の甲斐大泉駅と甲斐小泉駅の間付近にあります。


映画を観た人ならわかる、印象的なシーンで登場します。




ロケ地近くにある名水100選の「三分一湧水」で、昼食に“あたたかい”そばを食べる。
真っ赤なモミジがきれいでした。


小淵沢に出て、国道20号線を諏訪に向かう。



本日の目的地、『いま、会いにゆきます』のロケ地その2。
諏訪から白樺湖に向かう山道の途中にある、「蓼の海」という人造湖。見た人ならわかります。




白樺湖経由、国道299号線の麦草峠ルートで帰ろうと思ったが、寒いし、あまりにも時間がかかりそうだったので、
中央道に乗ることにする。高速でかっ飛ぶのも寒いのだが…。
双葉SAあたりで雪を冠った富士山がきれいに見えた。写真じゃ見えないなぁ…。




一宮御坂で降りて、雁坂みちをすっ飛ばして帰る。すでに日は落ちてる。寒い…、寒すぎる!
午後5時45分ころ帰宅。本日の走行距離、350km。
今年のロングツーリングは、おそらくこれでおしまいになるであろう。



Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved