Yokota Warehouse - Photo Diary
気まぐれ日記&写真
前へ <<  2007年03月  >> 次へ

2007年03月31日(土) 今月読んだ本

東野圭吾『幻夜』(集英社文庫)
1995年、西宮。父の通夜の翌朝起きた未曾有の大地震。狂騒の中、男と女は出会った。美しく冷徹なヒロインと、彼女の意のままに動く男。女の過去に疑念を持つ刑事。あの『白夜行』の衝撃が蘇る!

2007年03月30日(金) 朝から雷雨

今朝は雨、おまけに雷まで轟くような荒れ模様のお天気でしたが、すぐに晴れてきました。大気がものすごく不安定なようです。
とりあえず雨もあがったので、バイクで出かける。今日も清雲寺の様子を見てからの出勤でした。
今朝の段階では、六地蔵わきの木はほとんど満開、天然記念物も6分咲きくらいになってます。
   

札所29番長泉院のしだれ桜も開花が進んでいます。


今夜も仕事帰りに寄ってみました。
今日の日中も暖かい陽気だったので、ベニシダレザクラ以外はほとんど満開になっているみたいです。20時頃でしたが、思いの外見物客が少なかったですね。
   

明日は午後から雨の予報ですが…。
 

今朝はA200、今夜はG2で撮影してみました。
やっぱり夜景はG2の方がキレイかな?絞り開放ならシャツター速度は1秒以下に稼げるし、ホワイトバランスもG2の方がキレイに補正されてる気がします。

2007年03月29日(木) さらに暖かい陽気

出勤途中、清雲寺に立ち寄る。昨日の暖かい陽気で、さらに開花が進んでいます。
六地蔵わきの木は五分咲きくらい、天然記念物の老木は一分咲きくらいといったトコですね。
   

今日はなんだか初夏のような一日でした。昨日よりもさらに暖かかったです。
夜、仕事帰りに寄ってみたら、天然記念物の老木まで一気に開花が進んでいるのにビックリ!
五分咲き以上に進んでいるのかな?
老木のライティング設定を変えてたようで、今夜は随分と明るくなりました。
   


今日撮影したのカメラは、すべてコニカミノルタA200です。ホワイトバランスはオートですが、キヤノンほど補正されない感じですね。その分、雰囲気は出てるのかな?でも、昨日G2で撮った写真の方がクリアな感じがするし、どっちが良いのか分からなくなってきました。

2007年03月28日(水) 暖かい陽気

仕事帰り、夜8時半頃に寄ってみました。
今日の暖かい陽気で、開花もいくらか進んだようです。でもまだ、樹齢600年の老木は、さほど開花が進んでいません。
ライトアップされちゃえば開花具合はさほど関係ないようにも思えますので、見頃といえば見頃なんですかねぇ?今夜は遅い時間のためか、見物客はまだ少ないです。
今年のライトアップはちょっとだけカラフルだし、なかなか見事だと思います。でも、老木だけは広場から見るとイマイチ暗いんだけど…。セッティングがおかしいのか?
今日もキヤノンのG2で撮ったのですが、コンデジなのにいまだに良く撮れるので、なかなか捨てがたいですね。やはりレンズがf2の威力かな?
今夜の段階だと、六地蔵の木は四分咲き、天然記念物の老木は二分咲きくらいといったところでしょうか?ライトアップされてると、イマイチ判断が難しいです。
さて、今週から来週のなかばにかけて、日曜日以外は雨模様の予報ですが…。
   

2007年03月27日(火) くもり空

昨日とはうって変わって肌寒いような陽気。これではサクラの開花もストップするかな?
いつも清雲寺と同じ頃に咲く即道神社のサクラも開花が始まっています。


今日は天気が良いことを期待してたんだけど、生憎のくもり空になってしまいました。
昨夜のライトアップされた様子ではよくわからなかったけど、開花が進んでいたのは境内のしだれ桜だけのようです。
   

   

大塚のカタクリも随分と咲いています。今日は曇っていたから、花びらは下向きでしたが…。

2007年03月26日(月) 清雲寺のしだれ桜

今日の暖かい陽気で、しだれ桜が一気に開花しました。
ライトアップも始まり、今週末には満開になりそうな勢いです。今年のライトアップは、照明の色がちょっと凝ってますね。
久しぶりにG2で撮ってみたけど、やっぱり今でもまだまだイケるな。
   

2007年03月25日(日) デジタル一眼レフの威力

ちょっとした用事があったので、親父さまからニコンD70sとスピードライトを借りました。そのついでにハムスターを撮ってみる。バウンスで撮影したら、なかなか上手くいきました。内蔵ストロボじゃ、さすがにこうはいかない。
 


今朝、ウチの前で鹿が死んでました。どうやら昨夜、クルマに轢かれたもよう。
大きかったし、出勤前で忙しかったから、自分じゃ片付けられませんでした。

2007年03月24日(土) お雛さま

娘のお雛さまを飾る。
今年でとうとう12回目になりました。飾るのにも、ずいぶんと手馴れてきましたね。仕舞うのが大変なんだけど…。


なんてことをやってたら娘が熱を出してしまい、病院に行ったらインフルエンザとのこと。今はB型が流行ってるらしい。

2007年03月23日(金) 茜空

レミオロメンの新曲『茜空』を購入する。
JRAのCMで流れているのを聴いて、ものすごく気になってたもので…。店にDVD付きの初回限定版が残っていたので、勢いで買っちゃいました。いい曲です。この時期、毎年何かしらいい曲が出ますねぇ。

2007年03月19日(月) カタクリに再チャレンジ

先週のカタクリは、時間が早かったため花びらが上向きに開いていませんでした。もっと日が昇らないと開かないということで、今朝は10時くらいに現地へ行ってみました。なるほど、だいぶ上向きになっていますね。
   

吉田の白砂公園にもまた行ってみました。先週はまだカタクリはつぼみもほとんど見られない状態でしたが、今朝は三本ほど咲いていました。
アズマイチゲも、やっぱりこの時間になると花びらが開いています。カタクリ祭は4月1日に行なわれるようです。
   

芝桜の丘の開花はさらに進んでいます。今年の咲き具合はだいぶ良さそうですね。
4月1日からは出店もオープンするとのこと。もうプレハブ店舗の搬入が始まっています。本部前の入口ゲートを作っているところで、芝桜の丘はかなり“よそ行き”の姿になってきました。
   

ミューズパークの梅園は満開を過ぎてきました。昨日は梅まつりが行なわれたようですが、なんとかこの日まで満開が続いたようで…。
   

清雲寺のしだれ桜は、枝が見た目にかなり赤くなってきています。花のつぼみも膨らんで、あと2、3日で咲き始めると思われます。
今週はかなり暖かくなるようなので、来週末までには満開になっていることでしょう。
   

2007年03月16日(金) サクランボの開花

ウチのサクランボの木が開花しました。やっぱり今年は早いようですね。

2007年03月13日(火) 青梅吉野梅郷ツーリング

ある人から、もう両神でカタクリが咲いていると教えていただいたので、現地に行ってみました。
場所は堂上の節分草自生地奥のキャンプ場付近です。苦労しましたが、なんとか発見!
この時期、こんなに咲いているカタクリは珍しいですね。
 

吉田の白砂公園に行ってみる。
カタクリの花芽はほとんど出ていませんが、アズマイチゲが咲いています。
 

青梅の吉野梅郷へ行ってみました。
今が満開の見頃のようですね。平日でも、とても賑わっています。
   

秩父に戻ってきて、羊山公園で芝桜の丘をチェック。だいぶ開花が進んでいるようです。
 

秩父ミューズパークの梅園も見頃になってます。
今週末の梅まつりまで大丈夫かな?
   

昨日に引き続き、清雲寺のしだれ桜を見てきました。
やっぱり来週には開花するでしょう。
 


ツーレポはこちらにUPしました。

2007年03月12日(月) しだれ桜のつぼみ

つぼみがだいぶ膨らみ始めています。順調ならば一週間後くらいには開花が始まりそうですが、週間予報だと寒い日が続くみたい。今日も風が冷たかったです。山には雪が降った跡が見えるし…。
  

しだれ桜の開花は、近年だと2002年が早かったですね。あの年は3月25日以前に満開になりました。

2007年03月07日(水) 水戸偕楽園梅見ツーリング

水戸の偕楽園へ、BWの皆さんとツーリングに行って来ました。
今回はワールドさんと呉服屋さんのニューマシン(?)お披露目ツーリングです。
偕楽園の梅は、すでに満開を少し過ぎたところくらいでしたね。やはり暖かい陽気のためでしょうか?例年よりも開花が早かったようで、水戸市内の渋滞もなく、駐車場も余裕があるくらいでした。最盛期には平日でも混雑するという情報でしたが…。
水戸の梅大使」のキレイなおねいさんたちと一緒に、みんなで写真を撮りました。
   

ツーレポはこちらにUPしました。

2007年03月06日(火) 庭のしだれ梅

庭のしだれ梅が満開になった。相変わらずいい色に咲いてくれます。
   

2007年03月02日(金) スイミング

しばらくぶりに市民プールで泳いできた。
テーピングしてるし痛みはほとんどないけど、やっぱり気になる…。でも思いっきり左足を動かすことができて良かった。


帰りにミューズパークの様子を見てみる。先週に比べて、ずいぶんと開花が進んでいます。
   


TSUTAYAで映画のDVDをレンタルする。新作で、『夜のピクニック』と『ゆれる』の二本。
両作品とも映画館で見られなかったので楽しみにしてました。今日はさっそく『夜のピクニック』を鑑賞。やっぱり良かった。

前へ <<  2007年03月  >> 次へ
Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved