Yokota Warehouse - Photo Diary
気まぐれ日記&写真
前へ <<  2006年05月  >> 次へ

2006年05月31日(水) 今月読んだ本

東野圭吾『パラレルワールド・ラブストーリー』(講談社文庫)
親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のはざまを辿る敦賀崇史。錯綜する世界の向こうに潜む闇、一つの疑問が、さらなる謎を生む。精緻な伏線、意表をつく展開、ついに解き明かされる驚愕の真実とは!?傑作長編ミステリー。

東野圭吾『分身』(集英社文庫)
私にそっくりな人がもう一人いる。あなたにそっくりな人がもう一人。札幌で育った女子大生と、東京で育った女子大生…。宿命の二人を祝福するのは誰か。追跡と逃走の遥かな旅が始まるサスペンス。

久しぶりに未読の本を読んだ。東野圭吾の本でこの2冊は読もうと思ってたんだけど、今までなかなか読めなかった。
『パラレルワールド・ラブストーリーは』今ひとつだったけど、『分身』はとても面白かった。今月は他にも東野圭吾を2冊読み返す。
今月は映画も見られたので良かった。『明日の記憶』はなかなか良い映画だと思う。
来月は『タイヨウのうた』を見に行くつもりです。

2006年05月29日(水) 映画『明日の記憶』

ウチの奥さまと二人して、映画『明日の記憶』を見に行く。
広告代理店に勤め、仕事も家庭も順風満帆だった中年男性が突然、若年性アルツハイマー病に襲われ、人生のすべてが一変していくというストーリー。
四十も過ぎると、お互いに物忘れがひどかったりして、ちょっと落ち込むこともありますが…。なかなか身につまされる映画です。
それにしても、こういう内容の映画なので、観客は四十代以上のご夫婦連れがほとんどでした。

2006年05月18日(木) 二本木峠と秩父高原牧場の偵察

午前中、市民プールで泳ぎました。なんだか久しぶりだな…。
そのあと、二本木峠でツツジを見る。今年は花が遅いと思ってたんだけど、今日だとすでに時季が過ぎていたようです。


今年も秩父高原牧場のポピーが咲き始めました。もうしばらくすると見頃になるでしょう。
 

荒川上田野でアイリスがキレイに咲いている畑がありました。


2006年05月17日(水) 由比桜えびかき揚げツーリング

静岡県の由比まで、「桜えびのかき揚げ」を食べに行ってきました。
雨の中のツーリングでしたが、その顛末はいかに…。詳しくはこちらのページで。
 

2006年05月10日(水) 連休明けの「芝桜の丘」

7日までで公園内の警備が終了する予定でしたが、連休を過ぎても来園者が多いため、急遽今日まで警備が延長になりました。
今日は小雨が降るような天気でしたが、芝桜の丘のすぐそばの駐車場では満車になっていました。歩いている人も多いです。
出店のほとんどが今日まで営業を延長したようですね。
 

今年はGWを過ぎても結構見られる景色なのがすごいですね。
なんとなく、若いカップルが多かったような…。
   

秩父二中の生徒さんたちが、園内の清掃に来ていました。


明日あたりの公式発表で、来園者数が100万人と発表されるみたいです。年々増えてるな…。

2006年05月06日(土) GW最後の「芝桜の丘」

弟の家族が遊びに来てくれたので、一緒に芝桜の丘へ行ってみました。
今年はゴールブンウイーク後半になってもきれいに咲いています。
明日は雨になるということで、ものすごい人出でしたね。
   

2006年05月03日(水) 快晴の「芝桜の丘」

昨日の大雨がウソのように快晴の天気になりました。
親父さまが購入したニコンD70sのテスト撮影で、午前中、芝桜の丘まで行ってきました。
日野田の某所にバイクを置いて山道を登っていったので、あっというまに現地に到着。連休初日で、とても賑わっていました。
今日は黄砂で霞んでいないから、武甲山もくっきりです。これだけの青空は、この時期だとなかなか無かったですね。
   

それにしても、D70sはいいレンズを付けてるし解像感が違います。
私のコニカミノルタA200も結構頑張ってるんだけど、やっぱり一眼レフにはかないません。
このタイプのデジカメが売れないわけですよ。一眼レフとは大した価格差じゃないから…。

前へ <<  2006年05月  >> 次へ
Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved