Yokota Warehouse - Photo Diary
気まぐれ日記&写真
前へ <<  2005年12月  >> 次へ

2005年12月31日(土) 大晦日

今年は本厄の年でしたが、やっぱり“厄”はやってきました。年の初めに佐野厄除大師まで行って来たのに…。
まあ、そのおかげでこの程度の“厄”で済んだから良しとしなさいっていう考え方もありますが…。
子ども会の会長なんぞをやっていたし、なんだかこの一年間はとても早かった気がします。

・今月読んだ本
小松左京『日本沈没(上・下)』(小学館文庫)
伊豆諸島・鳥島の東北東で一夜にして小島が海中に没した。現場調査に急行した深海潜水艇の操艇者・小野寺俊夫は、地球物理学の権威・田所博士とともに日本海溝の底で起きている深刻な異変に気づく。折から日本各地で大地震や火山の噴火が続発。日本列島に驚くべき事態が起こりつつあるという田所博士の警告を受け、政府も極秘プロジェクトをスタートさせ、日本人を全員海外へ移住させるべく、極秘裏に世界各国との交渉に入った。小野寺も姿を隠して、計画に参加するが、関東地方を未曾有の大地震が襲い、東京は壊滅状態となってしまう。そして日本沈没の日は予想外に早くやってきた。日本人は生き残れるのか。

佐藤多佳子『黄色い目の魚』(新潮文庫)
イヤなことばかり。絵もサッカーも上手くいかない。でももう逃げない。自分だけのモチーフを見つけたから。舞台は鎌倉、揺れる2人の16歳を描く長編。

2005年12月28日(水) 火災救助訓練

宮地のケーヨーホームセンターに、チラシに載っていたメタルラックを買いに行く。部屋の片付けなんぞを始めようと思って…。
その隣の消防本部で、たまたま消防の模擬火災救助訓練をやっていました。
今年から配備された新型特殊工作車を使った訓練で、消防服も最新の装備なのだそうです。
う〜ん、なかなかすごかったですね。
この装備が活躍することがないのがいいのはもちろんですが、やっぱり地元の消防本部にこういう備えがあるのは心強いです。
   

それにしても、雨が降らないので空気が乾燥しています。会社の井戸も、水が枯れ気味になってしまいました。
火事に注意ですね。それに今日は救急車をよく見かける日でした。

2005年12月25日(日) 姿の池が結氷

この冬のあまりの寒さに、姿の池がほぼ全面的に結氷しています。
この時期にこれだけ結氷するのは珍しいんじゃないのかな?カルガモたちも氷の上を歩いていました。
氷の厚さは、厚いところで約3cmくらいはありそうですね。ちょっとした石を落としたくらいでは割れません。
池のふちあたり(水深はほとんど無いトコです)で恐る恐る氷の上にのってみたところ、なんとか大丈夫でした!(笑
   

2005年12月21日(水) ユラセフ募金

毎年の恒例ですが、日本ユニセフ協会に募金を振り込みました。もう何年続けているんだろ…。
宝くじは買えなかったけど、こっちのが役に立つのかな?(笑

2005年12月20日(火) 甘〜いメール

最近ご結婚されたY子さんから、“結婚しましたメール”をいただく。
あまりにも甘〜い写真の数々に、さすがのおいちゃんもあきれ果ててクラクラしとるぞぉ(笑
こりゃあ結婚式場のパンフレットの写真かぁ!?そこの甘〜い新婚さん、もう好きにしてなさい!

2005年12月19日(月) 燃費が悪い

今朝、出勤途中でバイクに給油。最近、燃費が悪くなってきた。せいぜい18km/Lってとこ。
寒くなったので、朝晩チョークを引いてアイドリングしてるから仕方がないな…。
それにしても、まだ12月だというのにムチャクチャ寒い日が続いている。バンク通勤も、なかなか厳しくなってきました。

2005年12月17日(土) 家族でお買い物

狭山のカルフールまでお買い物にでかける。土曜日だったから、やっぱり16号が混雑していた。
途中でカーナビのモニターが突然ブラックアウトしたのでビックリ!DVDディスクをリセットしたら復旧できたけど…。
帰るとき、なかなか駐車場から出られず一苦労する。あそこの駐車場は、設計が悪いんじゃないの?

先日、宝くじを買う夢を見ました。これは「買いなさい!」っていうお告げかもしれないと思い、今日は宝くじ売場の前で子一時間悩んでいたんだけど、結局買えなかった小心者のワタシ。6000円が紙くずになってもいいっていう勇気が無かったのさ…。

2005年12月14日(水) クルマとバイクの冬支度

ずいぶんと寒さが厳しくなってきたので、クルマのタイヤをスタッドレスに履き替える。2台分やると結構な労働なんだが…。
バイクもいよいよハンドルカバーを装着。これで手の寒さが軽減できるで、朝晩の通勤が多少なりともしのげます。

もうすぐバイクと軽自動車の任意保険が切れるので、その更新手続きをする。
昨日は奥様の誕生日ということで、今日は私が特製のチキンカレーを作りました。毎回同じ味にならないトコがミソですなぁ(笑

2005年12月12日(月) この寒空の下…

今朝の通勤途中、いかにも“これからツーリングに出かけるぞ!”っていうバイク2台とすれ違う。
よく見りゃ、AさんとNさんじゃねぇかっ!会社でYさんに聞いたところ、どうやら雁坂越えで富士吉田までうどんを食べに行ったらしい。
この寒空の下、よくやるわい!!って、ちと悔しいが…(笑

WEBサイトの一部を有料レンタルサーバーの「TOK2プロフェッショナル」に移行する。なかなかいい感じです。

2005年12月11日(日) 子ども会のカルタ大会

いよいよカルタ大会の本番、役員は8時半に集合して準備を始める。会場の設営は、昨日のうちに終わっています。
今日は審判長という大役を仰せつかったので、開会式と閉会式には挨拶があったりと大変でした。
ウチのお兄やんのチームは初戦敗退でしたが、とりあえず無事に終わって何よりです。
 

2005年12月10日(土) こんにちは赤ちゃん!

同僚のYちゃんが赤ちゃんを産んだというので、病院までお祝いに行く。予定日よりも3週間くらい早いんだが…。
2428グラムのちっちゃな女の子、カワイイ!!さて、どんな名前が付くんだろうか?


2005年12月06日(火) カルタ大会の練習

先週から、子ども会のカルタ大会の練習を始めました。ワイワイガヤガヤと、楽しくやっています。


2005年12月03日(土) 秩父夜祭

お祭り本番の日です。
一週間前の天気予報を完全に裏切って、朝から抜けるような青空になりました。その分、ものすごく冷え込んでいましたが…。
会社へ出勤する途中、上町屋台の出発式を撮影。囃子手の4人がピエロのマスクを被って登場!朝から完全に出来上がっていました(笑
大通りも午前中から大混雑です。
   

夜は某所にて、祭り関係者のビデオ撮影と新聞社の写真撮影に立ち会いました。立派な残業です!
ついでに私も花火と屋台の巡行を撮影。22時20分頃まで某所で撮影してました。
この場所は絶好のロケーションです。それにしても花火の撮影は、シャッターを切るタイミングが難しい…。
   

某所からNTT前交差点でのギリ回しともみ合いを撮影。上町屋台のもみ合いがカッコ良かったですね。
最後に通った本町の曳き手が一番盛り上がっていました。大通りはものすごい人出で、大混雑です。
   

某所での撮影終了後、カメラのバッテリーと私の胃袋をチャージして、屋台の団子坂曳き下ろしを撮影するため、お旅所まで出かけました。
お旅所からは、上町屋台のキレイな曳き手、フォトジェニックなYさんを追っかけながらの撮影です。ええ、個人的にファンなもので…(笑
それにしても冷え込んでました。公園内で曳き下ろしを待っていたら、頭に露が降りてた!!
屋台の曳き下ろしをすぐそばから撮影したのは初めてですが、ものすごい迫力ですね。
今年の本町屋台の囃子手は、とびっきりのイイ男!最後の最後に駆けつけての撮影です。若旦那、お疲れさまでした!手ぬぐいは家宝にさせていただきます。隣の若社長もご苦労さまでした!
   

上町屋台がNTT前の交差点を回ったのが午前2時。予定より45分遅れです。
屋台が某店の前を通る直前に、某店の店頭照明が消えちゃいました。タイマーはこの時間までのセットでした。ごめんなさい!
結局、上町屋台が収蔵庫に入ったのが午前3時頃でした。もう、深々と冷え込んでいます。凍えながら最後のしめを見守っていました。
フォトジェニックな曳き手のYさん、寒い中ホントにお疲れさまでした。消防団長さんもご苦労さまでした!
   

今日は3台のカメラを駆使しての撮影。バッテリーは未だに悩みのタネですね…。
ロワのバッテリーは、やっぱり安いためかハズレが多い気がします。

2005年12月02日(金) お祭りが始まる

いよいよお祭りが始まりです。
朝から店頭の出店と舞台の準備で、いつもより早くから出勤していました。
今日は一日曇り空で、ずいぶんと冷え込んでましたね。
仕事帰りに花火を撮影。ミューズパークへ上っていく坂の途中からなので、かなりロングレンジです。
今年の宵宮の花火は今ひとつでした。明日に集中させるんだとか…。
 

秩父神社の境内で、本町屋台が収蔵庫に入るトコを撮影。接近戦です。なかなか賑わっていましたね。
   

フードをつけたままストロボ撮影をするなんていうドジをやらかしました。情けない…。
  

2005年12月01日(木) 今日から師走

早いもので師走になってしまった…。
あまりにも快晴だったので、昨日に引き続き、屋上で長尾根のパノラマ撮影を行いました。
雲ひとつない青空ですが、今イチ面白みがないですね。


今夜も、子ども会のカルタ大会の練習をやりました。
指導するのも大変だけど、子どもたちが年にかかわらず、みんなで元気に騒いでいるのを見ると、楽しい思い出をつくる役に立っているのだと実感できます。

前へ <<  2005年12月  >> 次へ
Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved