Yokota Warehouse - Photo Diary
気まぐれ日記&写真
前へ <<  2005年10月  >> 次へ

2005年10月31日(月) 今月読んだ本

梶尾真治『クロノス・ジョウンターの伝説』(ソノラマ文庫)
もしも過去に跳べることができたら、今は亡き、愛する人を救いにいける。すでに滅びた物を目の当たりにできる。それだけでなく、過去の世界で、新たな恋に落ちるかもしれない。ついに「クロノス・ジョウンター」という機械が開発され、誰もが夢見るそれが現実となったとき、そこにさまざまな物語が生まれた。至上の愛が時の壁を越えたとき、ふたりが迎えるのは、幸せなゴールか悲しい結末か。ここに、二通りの実験結果をご報告する。時を超えた愛と、涙とスリルとともに描く、タイムラグ・ラブストーリー。


森絵都『アーモンド入りチョコレートのワルツ』(角川文庫)
十三・十四・十五歳。きらめく季節は静かに訪れ、ふいに終わる。シューマン、バッハ、サティ、三つのピアノ曲のやさしい調べにのせて、多感な少年と少女の二度と戻らない「あのころ」に語りかける珠玉の短編集。

2005年10月29日(土) FOMAの通話エリア

ケータイをFOMAに変えてしばらく経ちますが、なんでこんなトコで使えないの?っていう場所があったりします。
MOVAなら大丈夫だったのに…と思うけど、まあそのうち問題なくなるんでしょうね。
ドコモのサイトでプラン変更のシミュレーションをしてみたら、今よりもかなり安くなりそうなので、変更の予約を申し込んでおきました。

2005年10月28日(金) 久々のスイミング

たまたまぽっかりと時間が空いたので、久しぶりに市民プールで泳いできました。
腰に不安があるのでおっかなびっくり泳ぎ始めましたが、まったく大丈夫。やっぱり水の中は腰に負担がかからないんだな…。
久々のプールは気持ちよかったです。

2005年10月26日(水) 一の倉沢ツーリング

一の倉沢のすばらしい紅葉を見よう!ということで、水上までツーリングに行ってきました。
今回は総勢9台という、ちょっとした大所帯です。
7:30、道の駅ちちぶに集合。
8:10、ミーティングの後、ゾロゾロと隊列を組んで出発しました。鬼石の杉の峠を越えて、高崎を目指します。
9:05、休憩地点の藤岡のセーブオンに到着、ここまでの走行距離は38km。


次に向かったのは渋川の先、子持村の道の駅こもち。
高崎から県道25号線を走るルートで、高崎から群馬町にかけてクルマが多く、結構時間がかかりました。
あんまり楽しくない区間ですね。
10:50、道の駅こもちに到着、ここまでの走行距離は75km。


ここから先、沼田付近は利根川と平行して走るので、とても気持ちがいい区間です。
月夜野から水上にかけては、県道がメインルートになっているようで、水上を示す道路標識では軒並み県道を指していました。
国道ルートを走ろうと思ってルートプランニングしていた私は、途中でちょっと不安になってしまった…。
12:10、道の駅水上水紀行館に到着、ここまでの走行距離は113km。


昼食は、事前にインターネットで調べておいたレストラン「亜詩麻」で食べました。場所は道の駅水紀行館のちょっと先です。
小さな店なのかと思っていたら、団体客の予約があったりして、ちょっと待たされたのにはビックリ。
オススメメニューの「焼きカレー」を食べてみました。なかなか美味しかったです。


のんびりとランチしてたらずいぶんと時間が経ってしまい、一の倉沢に着いたのが14時頃になっていました。
ここまでの走行距離は125km。
午後になって谷には陽が射さなくなっていましたが、紅葉は最盛期のきれいさでした。
11時までだったら、さらにきれいな紅葉が見られたことでしょう。それにしても素晴らしい景色ですね。
   

   

一の倉沢を14:40頃に出発、帰り道の谷川岳ロープウエーの駅まではクルマのすれ違いで結構な時間がかかりました。
帰路は、水上ICより関越自動車道に乗り、秩父を目指します。


15:40、赤城高原SAに到着、ここまでの走行距離は169.1km。
駐車場では怪しげなカップルが乗ったフェラーリ・テスタロッサを目撃。どうみてもその筋の方か不動産関係の方のような…(笑


16:30、上里SAに16:30到着、最後の休憩をとりました。ここのでの走行距離は213km。
すでにずいぶんと暗くなっており、靄が出てきました。怪しげな雲行きですが、秩父はまだ雨は降っていないとのこと。


花園ICを降りてR140、波久礼から長瀞の対岸道路、美の山トンネルを抜けてR140を秩父に向かいます。
17:50、黒谷のセブンイレブンに到着、ここまでの走行距離は257km。
一応ここで解散となりましたが、その後は某所で下山祝いが続くのでありました。

2005年10月24日(月) バイクの車検

車検に出したバイクが仕上がってきました。
トータルの諸費用で9万5千円ほどかかりましたが、前後のタイヤ交換をやったので3万円ほど出費がかさんでしまった…。
新品のタイヤだし、ブリヂストンのBT-45からダンロップのGT501に変更したのでハンドリングがまったく変わってしまい、まるで別のバイクに乗っているようです。慣れるまでちょっと怖い…。

2005年10月17日(水) FOMA USB 接続ケーブル

遅まきながら携帯電話の電話帳データをバックアップするため、ドコモショップでFOMA USB 接続ケープルを購入。1,470円でした。
さっそく通信設定ファイルとデータリンクソフトをインストールして使ってみました。
以前は市販のソフトとケーブルを使ってバックアップをやっていましたが、これなら機種別のソフトは無償で提供されているし、費用はケーブル代だけなので安上がりです。
使い勝手は今ひとつといったトコもありますが、まあこんなもんでしょう。

2005年10月12日(水) 白駒池ツーリング

八ヶ岳の白駒池まで、Yさんと二人してツーリングに行ってきました。
往路は、秩父→志賀坂峠→上野村→ぶどう峠→小海町→松原湖→白駒池というルートです。
白駒池の有料駐車場は、平日だというのにクルマがいっぱいになってました。さすが紅葉シーズン真っ盛り!
  

白駒池までは原生林の中を歩いて行くのですが、遊歩道がきれいに整備されていて、ここが海抜2000m以上の場所とは思えないほどお気軽に歩くことができます。しかし今日のお目当ては「高見石」という絶景スポットなので、途中でさらなる山道に入っていきました。途中の紅葉も、素晴らしくきれいでした。
   

さて、高見石の展望台です。展望台と名前は付いていますが、人工の東屋などがあるわけでもなく、ご覧のとおりのものすごい場所!笑ってしまうくらい凄まじい岩場でした。
 

しかしここからの景色は…、息を呑むような絶景でした。遠くの佐久あたりまで見渡せる、最高のお天気です。
持参した“コンビニおにぎり”が、最高においしい昼食でした(笑
   

高見石からさらに険しい山道を下り、白駒池まで降りました。池のほとりの紅葉が水面に映って、ものすごくきれいです。
ここから駐車場までは15分くらいの道のりなので楽なものでしたが、あまりにも険しい山道を下ってきたおかげで、すでに膝はガクガクになっていました。
   

復路は、白駒池→佐久穂町→十石峠→矢弓沢林道→上野村→志賀坂峠→秩父というルートでした。
十国峠を走り出すとき、一気にガスが出てきてビビリましたね。
  

十国峠を過ぎてしばらく走ると矢弓沢林道の分岐点があります。この林道は初めて通ってみましたが、路面は悪くないし、上野村まで下りるのに通常のR299よりも距離が短くて早かったですね。
さすがに途中の上野村あたりで、日が落ちて真っ暗になりました。夜の志賀坂峠は寂しいものです。
本日の走行距離は234kmでした。

2005年10月09日(日) 雨で体育祭は中止

雨で荒川体育祭が中止になりました。去年に引き続き、2年連続ですね。
10月って、天気がいいはずなのですが…。相変わらず腰痛が治らない私にとっては恵みの雨でした。(笑

前へ <<  2005年10月  >> 次へ
Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved