Yokota Warehouse - Photo Diary
気まぐれ日記&写真
前へ <<  2005年06月  >> 次へ

2005.06.30(木) 今月読んだ本

石田衣良『スローグッドバイ』(集英社文庫)
失恋して心を閉ざした女の子、セックスレスに悩む女性、コールガールに思いを寄せる男性など、「恋する人たち」をやさしい視点で描いた10編の物語。著者初の恋愛短篇集。
石田衣良って初めて読んでみたのですが、これは面白かったです。池袋ウエストゲートパークみたいなのとは違う分野の小説ですが…。『1ポンドの悲しみ』も読んでみたい。

天童荒太『あふれた愛』(集英社文庫)
理解しあえないこと。ひとと同じように生きられないこと。大切な人を失うこと。空回りする愛情…様々な生きにくさを抱えた普通の人々を描く4編の短編集。
天童荒太の作品を初めて読みました。『永遠の仔』を読みたいと思っていましたが、なかなか読む気力が湧かない…。ということで、ちょっと違った傾向の短編集ですが、なかなか面白かったです。清雲寺のしだれ桜らしき描写が登場します。

重松清『流星ワゴン』(講談社文庫)
38歳秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。
直木賞作家、重松清も初めて読みました。コレは傑作です。まず泣けますね。同世代の作家だけに、親子関係の物語は身につまされます。

東野圭吾『秘密』(文春文庫)
妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な"秘密"の生活が始まった。広末涼子主演の映画「秘密」の原作。
浅倉卓弥の『四日間の奇蹟』がこの小説に似ているというので、確認のために読んでみました。東野圭吾も初めて読みます。
確かに同じようなモチーフだけど、物語はまったく違います。どっちがいいかという比較は無意味だと思うし、私にとってはそれぞれ感動できる小説でした。

2005.06.28(火) 赤城山ツーリング

赤城山のレンゲツツジがキレイだということで、バイクで出かけてみました。
本日の参加者は、同僚のYさんと私の約2名。
私がルートプランニングをする場合、当然のように下道ルートを使います(笑
今日は、秩父→鬼石→高崎→渋川→空っ風街道→赤城道路→大沼→大胡赤城線→前橋→高崎→鬼石→秩父、というルートです。
なんで渋川までまわったかというと、空っ風街道(赤城南麓広域農道)を走ってみたかったなんですが…。
ものの見事にやられました!
何でかというと…、臭いんです!
「農道」というくらいだから、あの辺は牧場や農場ばかり。当然、堆肥が撒かれているわけで、その匂いたるや、ものすごいものがあります。
アレはキツイですよ。クルマならならともかく、バイクはダイレクトに来ますから…。
赤城山の中腹を走っているので景色はいいし、信号もないから走りやすいんですけど、やっぱりあの匂いは恐ろしい…。

赤城といえば、ワタシ的には「ミステリースポット“奇妙な坂道”」というわけで、今日も立ち寄ってみました。
一見、上り坂に見えるけど実は下り坂、下り坂に見えるけど実は上り坂っていうアレです。
[参考URL]
http://www.ne.jp/asahi/yamadon/drive/t17/t17g/t17gah10.htm
なんでこういう風に見えるのか(要は目の錯覚なのです)は頭では判っていても、実際に目の当たりにするとやっぱり不思議ですね。
なかなかに感動もんです!

下り坂に見えるけど、実は上り坂。上り坂に見えるけど、実は下り坂。ここは赤城山の中腹ならではの場所です。
  

県道4号赤城道路は、走り屋さん対策のため、カーブ手前に波打った舗装がしてあります。
そのため、バイクだとちょっと走りづらいところもありますが、それでもやはり楽しいルートですね。
しかし、お目当てだった「白樺牧場」のレンゲツツジは、すでに終わっていました。1週間以上遅かった感じです。残念!
 

ここから走り出そうとしたら、突然、雨が降り始めました。山の天気は変わりやすい…。
でも大したことはなさそうなので、大沼まで行って昼飯を食べることにしました。
ちょっと寂れた感じも漂う湖畔の風景は、なんだか30年以上まえにタイムスリップしたような雰囲気…(笑
涼しかった(20℃くらい)ので、モツ煮込み定食を食べながら、約2名でしばらくくつろいでしまいました。


せっかく来たのだからと大沼の「赤城神社」を参拝して、お守りをいただいてきました。
Yさんが見つけた、ランドセル型の学業成就と交通安全のお守りが秀逸ですねぇ!スバラシイです。
ウチの坊ちゃん嬢ちゃんのために、ひとつずつ買ってしまいました。1個800円!
大沼の鯉が、なんだかものスゴイ勢いでエサを食べていました。
  

赤城山を下るのには、県道16号大胡赤城線を使いました。
このルートは、道幅が狭くて走るのも大変ですが、関東平野の眺望は最高ですね。。


下界に降りたら、やっぱり暑かった(30℃以上)です。
帰りに赤城山の中腹にある「富士見温泉見晴らしの湯」で、温泉に入ってきました。
前橋市街が一望できる温泉で、なかなか気持ちよかったです。すっかりくつろいでしまった…。


ここから帰るときに雨が本格的に降り始め、秩父に帰るまで、ずう〜っと降られ続けました。
雨とともに秩父までやって来た感もありますが…、やっぱり雨中の走行は楽しくありません!
私はカッパを着ましたが、でもゴアテックスのライディングシューズは浸水…。この靴もそろそろ限界だな。
本日の走行距離は、約230kmでした。

2005.06.25(土) 子ども会の球技大会

今日は子ども会の球技大会。暑かった…。梅雨時だから天気の心配をするはずが、今週は晴れ続きだったので準備がいくぶん楽でした。
地区会長の私は、反省会のバーベキュー担当だったのでなかなか大変。総勢35人分の材料と飲物、木炭などを調達するのはキツイものがあります。
息子は6年生なのでこれが最後のソフトボール。見られなかったのは残念でしたが…。結果は惨敗だったけどね。


それにしても暑かった…。今日は今年最高の気温だったらしい。家のエアコンも今年初稼動です。

2005.06.24(金) 般若の丘ラベンダー園

今年もラベンダーが見頃になったと、今朝の読売新聞に記事が載っていたので、出勤途中に立ち寄ってみました。
なかなかいい具合に咲いていますが、ミツバチもブンブン飛んでいます。
   

2005.06.22(水) 札所3番常泉寺のアジサイ

この時期の定番スポット、秩父札所3番常泉寺のアジサイを見てきました。
まだちょっと早いくらいです。でも、このくらいの時期の淡い色が結構きれいだと思います。
今日は雨降りでしたが、雨に打たれるアジサイは、やっぱりいい雰囲気ですね。
   

常泉寺のあとは、市民プールでスイミング。
雨の日はやっぱりスイミングだね!って、ずいぶん久しぶりだなぁ…。

2005.06.20(月) 松任谷由実『ついてゆくわ』

今クールのドラマで唯一見てるのが、TBSの『夢で逢いましょう』です。
貴島プロデューサー曰く、「結婚を夢見る全ての女性と、それに嫉妬する全てのお父さんにこのドラマを捧げたいと思います」とのこと。
いいですねぇ…、好きなんですよこういうドラマ。
でも視聴率が今ひとつで、矢田亜希子でスベッたドラマということで一部で話題になりました。
いいドラマなのに、なんで流行らないんだろ?
長塚京三のお父さん、『しあわせのシッポ』の時もそうですが、ああいうお父さんっていいなぁ…って思います。
ところでそのドラマの主題歌が、松任谷由実の『ついてゆくわ』です。
久々にユーミンらしい売れセンのミディアムバラード。タイトルバックやドラマの中で流れているのを聴くとジーンとくるものがあります。
でもヒットしないんですよね…。
ユーミンも時代からズレ始めているんだろうか?『ANNIVERSARY』並みのいい曲なのに…。

2005.06.19(日) 硬筆展

秩父郡市の硬筆展が秩父市の尾田蒔小学校で開催され、娘の作品が展示されているので見に行きました。
残念ながら金賞は逃しましたが、ここに出品されるだけでも大したものなのです。


午後は子ども会のソフトボール練習で、息子に付き合いました。
今度の土曜日はいよいよ球技大会です。
低学年の子どもたちばっかりなので、はたしてちゃんとした試合ができるのやら…。
みんな元気に頑張っているので、なんとか無事に出来ればいいんですけどね。

2005.06.16(木) 授業参観

仕事の合間に、小学校の授業参観に出かけました。
お兄ちゃんは6年生になってしまい、もう見に行くのも最後になるかもしれないし…。
今日は理科の授業で、血液について勉強していました。


2005.06.15(水) 映画『電車男』

昨年秋に『いま、会いにゆきます』を見て以来、久しぶりに夫婦で映画を見に行きました。
映画化された「四日間の奇蹟」の公開を楽しみにしていたのですが、評判がどうも芳しくない…。
予告編を見ても、この設定はどうなんだろうって疑問に感じてしまったんですよね。
というわけで、某映画批評サイトで予想外に評価が高かった『電車男』を見ることにしました。
今日はレディースデー(またの名を「おばちゃんデー」(笑))でしたが、かなり空いていました。ネット予約するほどじゃなかったですね…。
いや〜『電車男』、面白かったですよ。
単行本化される以前から知っている話ですが、映画化されても大したこと無いんだろうなぁって思ってたけど、想像以上に良く出来てた!
結構オススメだったりします。

2005.06.14(火) 秩父高原牧場のポピー

「きっと雨なんだろうなぁ…」って思っていたら、今日は雨が降りませんでした。ラッキー!
せっかくのお休みなので、先日来話題になっている秩父高原牧場のポピーを見に行ってきました。
   
写真に撮ると、ちょっと北海道っぽいですよね。
この場所は、三沢の二十三夜寺の近くから上るとすぐのところにあるのですが、二本木峠方面から行くと、ちょっと分かりにくいかもしれませんね。
登谷高原牧場でソフトクリームを食べてたら、「ポピーはどこに咲いているんですか?歩いてどのくらいですか?」なんて聞いている人が何人もいましたよ。
秩父高原牧場まで行っても、あそこは結構広いし何本もルートがありますからね…。
場所を勘違いしているのか、「ふれあい牧場」の道路わきで撮影している人もいました。

その後、長瀞にまわって、野土山の麓で咲いている花菱草を見ました。
宝登山神社の参道わき、旧新井家住宅の駐車場のすぐそばにあります。
まだまだ見頃が続いていて、なかなかキレイでした。
   

最後に両神まで行き、花菖蒲の様子を見てきました。
だいぶいい具合になってきたので、今週末には見頃でしょう。
   

荒川の陽野菖蒲園は、残念ながら去年で閉園してしまったようで、もう花菖蒲が見られなくなってしまいました。

2005.06.08(水) 両神の花菖蒲

所用で東京まで出かけました。今朝の秩父は涼しいと思ったけど、向こうは結構暑かった…。
秩父へ戻ってから子どもたちが通う小学校へ硬筆展を見に行く。まあ「よく頑張りました」ってトコかな?(笑
今週末(6/12)に両神の花菖蒲まつりが行なわれるということで、夕方、両神までバイクで出かける。
まだまだですね…。
 

今日の北朝鮮戦の勝利によって、サッカーW杯ドイツ大会への出場が決定!とりあえず良かったなぁ…。

2005.06.01(水) 尾白川渓谷トレッキング&ツーリング

今週のツーリングは、山梨県北杜市白州の尾白川渓谷まで神蛇滝を見に行ってきました。
午前8時に出発、雁坂トンネルを抜けて「今日の天気はうす曇りだから富士山が見られるかなぁ」って思っていたら、広瀬ダムのトコで富士山の頭が見えました。ラッキー!!その後、牧丘あたりからはずうっと見えていましたね。
甲府、韮崎とR20甲州街道を走り、道の駅白州でお弁当と飲物を購入。いよいよ甲斐駒ケ岳の麓、尾白川渓谷を目指します。
 

市営の駐車場にバイクを置き、ここからは山道をトレッキングです。
今日はいつものライディングシューズではなく、トレッキングシューズを履いてきました。
駒ケ岳神社脇の吊橋を渡ると、真っ白い花崗岩がゴロゴロしている尾白川渓谷です。
  

渓谷道をすこし歩くと、エメラルドグリーンが鮮やかな「千ケ淵」が見えてきます。
渓谷道はこの先で崩落しているらしく、ここで通行止め。すこし戻り、今度は尾根道を通って神蛇滝と不動滝方面に向かいます。
この尾根道、上まで登るのが一苦労。久々のトレッキングなので、息も絶え絶え、もうバテバテです。
途中で道を間違えたりして、余計な時間と体力を使ってしまいましたね。
 

渓谷に入って1時間半くらいで、やっとお目当ての「神蛇滝」に到着。いや〜、疲れも吹っ飛ぶくらいのキレイさです。
腹が減っているのも忘れ、しばらく写真撮影してました。
それにしてもこの場所、大きな岩の上なのですがかなり危険ですね。下を覗くと足が震える怖さです。
神蛇滝を眺めながら、ここでお弁当を食べました。
この滝は、3段に流れ落ちる滝で、西沢渓谷の七ツ釜五段の滝に似ています。
新緑の時期の滝もきれいですが、紅葉の時期はもっとキレイでしょうね。
  

ここから先、35分くらい歩くと「不動滝」に行けるのですが、今日はとてもそんな気力はありませんでした。
後から来た若いご夫婦は、不動滝を目指すって言ってましたが…。
帰りの尾根道はさすがに足取りも軽く、40分くらいで駐車場まで戻ってきちゃいました。

帰りも同じルートで秩父に向かいます。
すぐ近くに、「白州・尾白の森名水公園べるが」という、映画『いま、会いにゆきます』のロケに使われた公園があるのですが、ここにちょっと立ち寄ってみました。もっとも時間が無いので入り口を見ただけです。中に入ってみたかったんですけどね…。
そのとなりの武川に、有名な「山高神代桜」があるので、ここも立ち寄ってみました。それにしても古い木です。
生きているのが不思議なくらいですね。木を養生するため、すぐそばの道路が通行止めになっていました。
武川からは富士山もキレイに見えました。ここから甲府までは、富士山を正面に見て甲州街道を走ります。
  

甲府で武田神社に立ち寄り、巨峰ソフトクリームを食べてお参りをしました。
武田氏の館跡が神社になっているので、ものすごく立派です。
今日は、山梨市の笛吹川フルーツパークの上にある「ほったらかし温泉」に入りました。
ここは富士山と甲府盆地の眺めがいいですね。
  

「こっちの湯」の券売機で料金500円とタオル200円の券を購入し、露天風呂で富士山と甲府盆地を眺めながら、しばしトレッキングの疲れを癒しました。
それにしても「温泉の掘削現場にとりあえず露天風呂を作ってみました」っていうノリの温泉なので、設備は思いっきり簡素です。
駐車場は舗装されていない、休憩所はプレハブ、通路の屋根は工事現場のパイプ組み、っていう風情なのが笑っちゃいます。
それでも利用者は多いみたいですね。
フルーツラインを下るときの眺めも良かったです。
  

家に着いたのが6時ちょうど、今日の走行距離は238kmでした。
山梨県はガソリンがリッター128円でしたね。あちらはやっぱり高いようです。

前へ <<  2005年06月  >> 次へ
Copyright(C) YOKOTA Norio All Rights Reserved